新着情報

不動産のマンションの選び方

私自身、不動産投資というものに残念ながら縁がありませんが、世の中には住宅用マンション購入の前に投資用マンションで資金作りをしてなどと悩まれる方がいると聞きます。不動産投資にローンは付きもの。ネット検索やセミナーを活用しつつ信頼できる専門家への相談をおすすめします。

マンション 不動産を買う前に生活動線を考える

住宅の購入を検討している人が、もっともこだわるポイントはそれぞれ異なります。子どもの、通学環境を第一ポイントにして探す人もいます。子どもの将来を何よりも大切に考えているご両親であれば、そうなさなるのも自然なことです。通勤環境を最優先に考えて、不動産を探される方もいます。通勤は、毎日のことなのでこれが優先事項になるのも当然と言えるでしょう。通勤にも、いくつかの方法があります。会社が近ければ、自転車で通勤される方もいます。これであれば、交通費も節約できますし、健康のためにも役立ちます。距離が多少遠くても、健脚な方であれば無理がない方法と言えます。もちろん、電車で通勤される方も多いでしょう。この場合は、購入を検討している住宅から、どの路線が利用できるかが大切な要素となります。乗り換えの回数や、座りやすいかどうかも確認するべき要素となります。電車や自転車通勤以外の主な方法としては、車で通勤があります。

家を買う時、もっとも重要なのは妻である女性の意見です。育児や家事をする妻にとって住みやすい家がいいですよね。家事導線がスムーズであれば、ストレスも少なくてすみます。マンションなどはあらかじめ家事導線が考えて作られているので、家事がしやすくなっていますよね。こどもが小さいうちはマンションの方が目が行き届くので安心でもあります。

長く同じ住居で生活していくうえでは、食料品や日用品を買うスーパー、病院、銀行などもチェックしておく必要があります。それらが自動車や電車がないと行けない場所にあると大変不便です。郵便局、市役所なども近くにあると便利ですね。また、高齢者の場合はよく利用する場所までの道のりの中で、坂や階段等、歩きやすいかどうかも考慮する必要があるでしょう。

青梅 不動産
85

マンションと一戸建てってどちらがいいか悩みますよね。

結婚して新しい家庭をもつと、どちらかの両親と同居しない限り、ひとまず賃貸っていう人は多いと思います。そして、遅かれ早かれ自分の家を持ちたいと考えるのではないでしょうか。これは、誰もが抱く夢だと思います。そんな時、マンションにするか一軒家にするか悩むことが多いです。どちらがいいかは、人それぞれだとは思います。私は経済評論家でもなく、建築系の仕事をしているわけではないのであるただの一般人の意見を述べてみたいと思います。ちなみに私は、マンションよりも一軒家を購入することを選択します。一概には言えませんが、実家がマンションだから自分もマンションを購入しようと思う人より、実家が持家の人が一軒家を欲しいと考えることが多いと思います。私も後者の一人です。一軒家だとものによると少し高くつくのかもしてません。また、管理費などマンションに比べるとかかるかもしれません。しかし、自分がライフスタイルに合わせて間取りを作ることができます。もちろん、内装も自分の好きなように選べます。家族みんなで「窓はこれ、カーテンは何色、壁は何色」といったように考えながら、造りあげれることが一番いいと思います。世界に1つしかない家が完成させることができます。たとえ狭くても、少しは庭もできます。庭で子供と一緒にバーベキューをしたり、プールをしたりと自由に使えます。手入れは大変ですが、緑に囲まれて過ごすこともできます。今まで私の考える一軒家の利点を述べてきましたが、決してマンションに利点がないわけではありません。マンション自体が一つのコミュニティーであり、人と触れ合う機会は多くなると思います。住宅管理にかんしても、一定の管理費を支払えば不動産会社が行ってくれます。セキュリティーもよいのではないでしょうか。いずれにしても、利点・欠点があります。それぞれの、ライフスタイルにあったものを十分な時間をかけて考え後悔のないよう選択していくのが一番重要ってことではないでしょうか。また、家というのは人生で一番と思われる高額で大きな買い物です。計画的に購入資金を貯めていくことも重要ですね。

Copyright ©All rights reserved.マンション 不動産を買う前に生活動線を考える.